女性からもモテる真のモテ女!7つの特徴と3つの勘違い

モテる女,特徴,

 

男ウケを狙うだけでなく、同性の友達付き合いも尊重するのが真のモテ女の特徴

 

「美人は性格が悪い」などと悪印象を持つ一般女性は多いですが、そうとも限りません。

 

実際に、私の周りにも性別を問わず人気のある女性はいます。

 

そして、そういった女性はなぜか可愛く見えてきてしまう・・・なんなんでしょうね(笑)

 

容姿以上に惹きつけられる・・・『魅力』という言葉が一番しっくりくるのでしょうか。

 

「でも私そんな性格良くないし・・・」って思うかもしれませんが、そこはいいんです!!

 

幾つかのポイントを抑えてちょっと言動に気を付けていればそれでOKです!

 

スポンサーリンク

 

真のモテ女を目指すのであれば、まずは同性・異性への接し方から改善しましょう。

 

『男からはモテてるのに女性からはめちゃくちゃ嫌われてる女』というのは、結局化けの皮がはがれて良い男からは見捨てられる運命にあるのです。

 

ぜひ、本記事を読んだその日から、真似できる部分は積極的に取り入れてみてくださいね。

 

 

性別によって態度を変えない

 

本当に基本中の基本です!

 

平等に接しようと心に決めていても無意識に態度が変わってしまうこともあるのに、あからさまに、そして意識的に性別によって態度を変えてるようでは本当に論外!

 

そんな薄っぺらい裏表のある性格は人生経験豊富な良い男にはすぐに見抜かれます。

 

一方、真のモテる女は、相手の性別にかかわらず、公平に接します。

 

つまり、異性にだけ気に入られようと取り繕うようなことはしないのです。

 

同性・異性を問わず、相手の人間性を重視するため、同じように質問しその人の本質を見抜くことに徹します。

 

だからこそ、真のモテる女の周りには、常に人が集まってくるのです。

 

ありのままの自分を、性別を問わずさらけ出せることが、真のモテ女最大の武器。

 

 

常に笑顔で人と接する

モテる女,特徴,

 

人の第一印象を形成する上で、笑顔は非常に大切な要素です。

 

仏頂面をしている女性よりは、誰に対してでも笑みを浮かべながら接する人の方が好印象。

 

そんな当たり前のようでいて難しいことを、真のモテる女は実践し続けています。

 

性格が悪く、男ウケだけを狙う女性の場合、異性の友達の前だけは作り笑いをします・・・

 

当然ながら、性別によって態度や表情を変えることに気づいた同性の友達は、不満を抱きます。

 

そして、性格の悪い女の元を離れ、常に笑顔で接してくれる真のモテる女と一緒に過ごすようになります。

 

スポンサーリンク

 

他人の悪口を言わない寛容さがある

 

いつの世も、人が人を言葉で傷つけるシーンは絶えません。

 

他人の批評をすることでストレス発散をする人もいますが、真のモテる女は悪口を言いません。

 

誰もが批評したくなる言動に遭遇しても『人間誰しも欠点はあるもの』『ひょっとして自分が知らない理由があるのかも』といった寛容な考えを持ち、真のモテる女は、他人の批評よりも自分磨きに努めることを優先します。

 

一方、男ウケを狙うことだけに徹するタイプのモテ女は、自分がいかにいい女に見えるかを最優先します。

 

つまり、誰かの悪口を言うことで注目されて、自分の方が上に見られるためなら手段は選ばないということです。

 

こうした性格面の魅力の差から、同性に好かれるか嫌われるかが決まるのです。

 

 

その場の雰囲気に関係なく主張が出来る

モテる女,特徴,

 

モテる女は、意見を言いづらい状況下に置かれても、自分の主張を貫く強さがあります。

 

例えば、同性の友達が周りからイジメを受けている場合。

 

異性からのみ支持される女やモテない女は、保身に徹します。

 

後から、「あれはやりすぎだよね…」などと噂話をするタイプですね。

 

一方、真のモテる女は、その場で「やめなよ!」と一喝することが出来るのです。

 

言い換えれば、自分の信念を曲げない愚直な一面を持ち合わせています。

 

自分が悪いと思うことは正し、雰囲気に左右されずに意見を通す。

 

そんな内面的な強さも、異性だけでなく同性からも好かれる所以(ゆえん)なのです。

 

スポンサーリンク

 

損得勘定を抜きにして優しい

 

よくいる性格の悪いモテ女は、自分を引き立てる存在だけを欲しています。

 

そのため、対象外の人間から相談を持ちかけられても、一切対応しようとしません。

 

一方、真のモテる女の場合は、損得勘定を抜きにして優しく接します。

 

自分の周りで困っている人がいれば、性別や恋愛感情に関係なく助けようとするのです。

 

こうした性格の差により、同性との良好な友達関係を築けるかどうかが決まるわけです。

 

誰しも、損得勘定を抜きにした優しさを持つ相手に好意を抱くもの。

 

 

自立していて恋愛だけに依存しない

モテる女,特徴,

 

好きな男性がいれば、ぞっこんになる女性も多いですが、真のモテる女は恋愛だけに依存せず、同性の友達との付き合いや、自分の時間を大切にします。

 

いわゆる、「男と付き合いだしたら友達とは会わなくなる」といった心配がないのです。

 

女は恋愛においても友達付き合いにおいても嫉妬深い生き物

 

真のモテる女は、その心理を理解しつつ、すべてをバランスよくこなす器用さを備えています。

 

また、自立心が備わっているからこそ、1つの事柄にだけのめり込まずにいられるのです。

 

こうした性格の女性は、同性との友達付き合いが長く続く傾向があります。

 

 

フットワークが軽く努力家

 

モテる女は、誘いを断らないフットワークの軽さを持ち合わせています。

 

それは、『自分磨きのチャンスが転がっているならどこでも行く』という思考から付いた癖とも言えます。

 

何かと多忙になりがちな現代において、フットワークを軽くするのは難しいこと。

 

それでも時間を作ってお誘いに参加し、持ち前のコミュニケーション能力を発揮出来るのが、真のモテ女。

 

ノリの良さに評価が集まり、周囲からより多くの誘いを受けられるようになります。

 

すると、ひょんなキッカケから、新たな出会いの場を構築することにもつながり、どんどんWIN-WINの人脈が築けるようにもなるのです。

 

こうしたモテ女のフットワークの軽さや努力家の一面が、幅広い人脈と人徳を生み出すのでしょう。

 

スポンサーリンク

 

〜真のモテ女を目指す上での3つの勘違い〜

 

真のモテ女の目指し方を誤ると、同性や異性から嫌われる原因を自ら作ってしまうので注意が必要です!

 

周囲に分け隔てなく接していると勘違い!

 

実は八方美人なだけ

 

周囲に分け隔てなく接することと、八方美人で誰にでも良い顔をすることは違いますのでチェックしていきましょう。

 

下記には、A子(モテ女を目指す女性)とその友達2名の会話をそれぞれ記載しています。

 

《A子と友人@の会話》

友達@:最近、B美がめちゃくちゃ付き合い悪いんだけど。

 

A子:そうなの?何かあったの?

 

友達@:彼氏にぞっこんみたい。

 

A子:そうなんだ…。

 

友達@:B美ってさ、恋愛依存症っぽいところあるじゃない?

 

A子:うん、確かに。

 

友達@:でしょ、でしょ。だからもう、仲良くするのは無理かなって。

 

A子:付き合いが悪いのは嫌だよね…。

 

友達@:そうなのー。その点、A子はいつも相談に乗ってくれるよね。

 

A子:いやいや、そんなこと…。

 

友達@:私の味方は、A子だけだよ!

 

A子:う、うん。

 

A子は友達@に同調している部分がありますよね。
続いてはA子と友達Aの会話です

 

《A子と友達Aの会話》

友達A:A子、久しぶり!

 

A子:あ、久しぶりだね。最近、彼氏とはどう?

 

友達A:順調だよ。でも、友達@とは付き合い減っちゃってさ…。

 

A子:そうなんだ。

 

友達A:申し訳ないなって思いつつ、彼氏といるのが楽しくて。

 

A子:付き合ってどのくらいだっけ?

 

友達A:まだ1ヶ月。

 

A子:それじゃあ、一番楽しい時期だし、仕方ないよね。

 

友達A:やっぱりA子もそう思う?

 

A子:う、うん。

 

友達A:気持ちわかってくれて嬉しい!これからも話聞いてくれる?

 

A子:うん、もちろん。

 

このように、A子は、対立する友人2名のどちらにも良い顔をしてしまっていますよね。

 

スポンサーリンク

 

A子がただの八方美人であって、誰にでも分け隔てなく接する人間というわけではないことがわかります。

 

真のモテ女の場合は、自分の意見をハッキリ伝えますので、八方美人にはなりません。

 

「結局何を考えているの?どちらの味方なの?!」と言われ、状況を悪化させないように注意しましょう。

 

 

主張を通していると勘違い!

 

じつは意固地(つまらないことに意地を通している)なだけ

 

真のモテ女は、自分の信念を貫くべきところでのみ主張をします。

 

要するに、何に対してでも意固地になるのではなく、要点を押さえて意見するのです。

 

意固地になって、やみくもに我を通そうとすれば、他人と不必要に衝突するだけ。

 

主張する限度・頻度やタイミングをわきまえましょう。

 

 

フットワークが軽いと勘違い!

 

実は誘われてすらいないのに何にでも首を突っ込んでるだけ

 

フットワークが軽く、自分の時間をやりくりして誘いを断らないことは真のモテ女になる重要なポイント。

 

ただし、誘われてもいないのに、何かにつけて首を突っ込むのはNGです。

 

「親しき中にも礼儀あり」というように、何でもかんでも関与しようとするのはやめましょう。

 

自分が主役にならないと気が済まない感覚がしたら、それは「男ウケだけを狙う性格の悪いモテ女」になってしまう前兆です。