男性をドキッとさせるいい女になるには?魅力溢れるいい女になろう

いい女になるには 魅力溢れる女

 

いい女になりたい!そう思う女性は多いんですが、
正直いい女になりきれていない女性が多いと思います。

 

自分では「いい女」と思っていても、
男性からいい女だと思われていないかもしれません。
いい女になるには、いい女になるための土台や基盤とコツが必要です。

 

魅力あふれるいい女になる為に、
いい女のなり方を見ていきたいと思います。

 

 

いい女になるには女の魅力を上げる!?

 

「いい女」は魅力を持っていると思いませんか?
その魅力というのは、『女』としての魅力でしょうか。
それとも『人』としての魅力でしょうか。
いい女になるには、私はどちらも欠けてはいけないんじゃないかと思います。

 

人としての魅力があっても、女としての魅力がない!

 

女として魅力はあるが、人として魅力がない!

 

それっていい女にはなりきれていませんよね。

 

ではまず、『女』としての魅力ってなんでしょう?
「外見・内面・その他」と3つに分けると・・・

 

『外見』

⇒顔、髪、メイク、ファッション、スタイル、表情、歯並び、ネイル

 

『内面』

⇒性格、気質、思考、価値観、知性、格

 

『その他』

⇒言葉、行動、思考能力、頭の回転、動作、態度、話し方

 

しいて言うなら、コミュニケーション能力や、
空気を読む、気遣いや察しの良さなど、
内面+その他の魅力を持っている人は、
人間としての魅力を持っている人だと言えるんじゃないでしょうか。

 

そう考えると、女の魅力とは外見だけなのか?
違いますよね。

 

いい女になるには、女としての魅力を上げなければいけません。
ということは自動的に人としての魅力
上げなければいけないということになります。

 

スポンサーリンク

 

 

男が考える「いい女」の条件とは?

 

髪型や色、メイク、ファッション、外見も内面も、
どれが欠けても完璧ないい女にはなれません。

 

そもそも完璧な人間なんていませんし、
人と違うオシャレやファッションをして、
人と違った間性を持っているからこそ、魅力溢れるわけで、
すべてを持っているいい女なんて存在しないと思うんです。

 

では結局、いい女になるにはどうしたら良いのか?

 

男性の好みによっても変わってくる問題なので、
ここはいい女になる為の土台作りから始めてみるべきです。

 

 

いい女になるには社交性が問われる

 

いい女になるには 魅力溢れる女

 

「付き合い」が得意な人は好かれます。
それは社交性があり、他人とのコミュニケーション
しっかり自分から持つことができるということ。

 

対人関係が友好に行える人ほど、「いい人」はいません。
ここで、いい女になるには社交性が問われます。

 

スポンサーリンク

 

 

色気のある女性はもちろん男性には好かれやすいでしょう。
ですが、色気があっても社交性のない女はいい女なんでしょうか?

 

控え目、おとなしい、おしとやか。
良いかもしれませんが、いい女になるには
時に積極的なことも必要だと思うんです。

 

少しコツを使えば、男性からいい女だと思われるのは簡単です。

 

そのコツには社交性が必要であって、
女性からもいい女だと思われるような『いい人』は皆、
社交性に優れ、内面やその他の魅力が溢れている女性なんですよね。

 

 

いい女になって男性をドキッとさせる方法

 

いい女になるには 魅力溢れる女

 

いい女になるには、社交性という基盤が
必要だということがお分かり頂けましたでしょうか。

 

では、男性をドキッとさせるようないい女になるには、
どんな積極的なことが必要なのか考えていきたいと思います。

 

ボディタッチ

いい女は皆ボディタッチを上手く使います。
男性は女性からのボディタッチに弱く、すぐドキッとするんですよね。
ベタベタ触れば良いわけではありません。

 

言葉+行動という技が
必要になってくるので、ここでも社交性が問われます。

 

意識している男性にのみアタックするのではなく、
すべての人へ対等に接し、さり気ないボディタッチができる女性は
独特な魅力を醸し出すことができるんです。

 

あまりにベタベタ触るのはNGです。
男性だって「キモチワルイ女だ」と思ってしまいます。

 

 

声1つで印象が変わる

同性と喋る時と、異性と喋る時、声が変わる女性っていますよね。
そういった女性がぶりっこと呼ばれるようになるんですが、
いい女になるには、ぶりっこにならない程度で声の変化を活用しましょう。

 

鼻にかけたような、頭の先から突き出るような甲高い声って、
高くて可愛いかもしれませんが、嫌いな男性も多いんですよね。

 

いい女の声と言えば、低くもなく高くもなく、
表現方法として声を使い分けることができる女性の声です。

 

元々の声なんて変えることはできませんが、
声量や高さなら変えることができるはずです。

 

ハキハキ喋るべき時の声や、優しく話しかけるべき時の声、
しっかり使い分けることができる人は声1つでいい女になることができます。